TOP > 採用情報 > 先輩社員からのメッセージ

採用情報

先輩社員からのメッセージ

環境技術部 大阿久 一輝 2008年入社

担当している仕事の内容は?

反射光検討・室内照度検討・温熱環境検討など、主に設計事務所や建設会社向けの建築環境コンサルティング、ガラスの熱光学性能値算出業務などAGCグループ会社の技術支援、検討ツール(ガラスの熱光学性能値算出・熱負荷検討など)の開発、OpenFOAMをベースとした解析システムの部内展開の検討などを行っています。

AGAを選んだ理由は?

前職は、空調・衛生設備系の建設会社(サブコン)にいて、研究や省エネルギー提案を行う部署にいました。転職を考えるなかで、AGCアメニテックの環境技術部は、他の会社が行っていない面白そうな業務を手がけていて、高い技術力を持っていそうだなと思い応募しました。

仕事におけるやりがいは?

建築関連の知識とコンピュータの知識それぞれを組み合わせて、新しいことができるようになったときにやりがいを感じます。

職場の雰囲気は?

言いたいことは遠慮せず言える、風通しの良い雰囲気だと思います。

休日の過ごし方は?

家族と買い物をしたり、子供と遊んだりしています。

未来の社員へのメッセージ

色々なことに興味を持って、ステップアップして行って欲しいと思います。

システム第3部 荻原 由貴 1998年入社

担当している仕事の内容は?

現在は、全国のお客様にご利用頂いているシステムの導入作業やシステムの操作説明、導入後のヘルプデスク業務等を担当しています。

AGAを選んだ理由は?

グローバル企業である旭硝子の関係会社なので、安定していることと、 社内の人間関係が良さそうと思ったこと、福利厚生が充実していること が決め手でした。

仕事におけるやりがいは?

チームで仕事をしていますが、問題に直面した時、チーム一丸となって 問題解決に取り組み、解決し、お客様から感謝の御言葉を頂くと率直に 嬉しい気持ちとやりがいを感じます。

職場の雰囲気は?

やる時はやる、息抜きする時は息抜きする、メリハリを付けた仕事の仕方をされている方が多いと思います。
また、現在、子供が3歳の私は、育児勤務中なのですが、帰る時間を過ぎても仕事をしていると、周りの方々が心配して声を掛けてくれたりする温かみのある職場でもあります。

休日の過ごし方は?

家族と買い物に行ったり、息子が3歳なので、大きな公園等に行ったりします。長期休暇は、旅行に行ったり、実家に帰省したりします。

未来の社員へのメッセージ

育児勤務制度が充実しており、女性でも長くお仕事を続けることが出来ます。
この先どんな自分になりたいかを描き、仕事をしながらステップアップ・キャリアアップをして行ってください。

システム第1部 菅原 健 2005年入社

担当している仕事内容は?

ガラスの販売管理パッケージソフトのプログラム開発

仕事におけるやり


がいは?

システムを作るのは大変ですが、システムを納品した際の達成感や、お客様に助かっている等言って頂いた時など、とてもやりがいを感じます。

職場の雰囲気は?

普段からアットホームで和やかな雰囲気となっており、みんな助け合う精神が根付いています。
また、仕事に関してはメリハリの付いた職場となっています。

休日の過ごし方

読書、ショッピング、近所の公園でランニングなど

未来の社員へのメッセージ

社会人になってしばらくは、右も左も分らず大変だと思いますが、自分なりの目標をしっかり持って失敗を恐れず仕事に取り組んでほしいと思います。
共に働ける日を楽しみにしています。


システム第2部 本多 陽子 2013年入社

担当している仕事内容は?

住宅等に用いるガラスの製造・出荷等、生産管理をおこなうためのシステムを担当しています。
設計〜導入、保守、問い合わせを一貫してグループが担っていて、主に私はその中の開発を担当しています。

AGAを選んだ理由は?

前職は、ユーザーとお話できる機会が全くなく、もう少しユーザーと近い距離で仕事がしたいと思っていました。
そんな中、上記の通り問い合わせも含めて一貫して担当しているAGAに魅力を感じ応募しました。
また面接の時の雰囲気の良さ、居心地の良さも入社の決め手の一つです。

職場の雰囲気は?

和気あいあいとしています。
仕事帰りに一緒に飲みに行ったり、スポーツをしたり、とても仲がいい会社です。

休日の過ごし方

趣味のバドミントンを友人とおこなったり、旅行に行ったり。
仕事柄デスクワークが多いため、なるべく体を動かすようにしています。

未来の社員へのメッセージ

コンプライアンスがしっかりしていて、忙しい時に社員同士が協力し合え、非常に職場環境に恵まれていると思います。
一緒にAGCグループを支えて行きましょう!

ページトップへ