TOP > 製品・サービス > 受託システム、開発、システム保守 > 受託システム開発

受託システム、開発、システム保守

1.受託システム開発

豊富な知識と確かな技術で、使い勝手のよさと高い機能を兼ね備えたオリジナルのシステムを開発します。
ガラス・建材業界以外にも、業種に応じてさまざまなシステム開発が可能です。
もちろん、導入後のアフターフォローまで責任もってサポートします!

受託システム開発の流れ

1.お問い合わせ

お気軽にご連絡を!

業務システムの構築・見直しを検討されてる場合は、 お気軽にお電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡下さい。

2.お打ち合わせ

現状把握と問題、課題の洗い出し

担当が訪問し、お客様が抱えている問題、課題を洗い出し、ご要望をお聞きします。

3.ご提案

ご提案書、お見積書の提出

お客様の業務や既存のシステムを詳しく調査するとともに、ヒアリングを通じて正確にニーズを把握・分析します。
そのうえで、問題点を解消しコストパフォーマンスにも優れたソリューションを提案します。

4.プロジェクトの発足

プロジェクトの発足

ご提案の内容を最終的にご検討いただいた上で、弊社内にプロジェクトチームを立ち上げます。
プロジェクトマネジャーが主体となり、お客様と共にシステム構築のプランを詰めて行きます。

5.システム構築

システムの設計、プログラムの開発

弊社標準のプロジェクト管理に沿って、システムの設計・プログラムの開発を行います。
設計、開発中は定期的な進捗報告を行います。

6.検証

テスト、検証

システム操作マニュアルをお渡した上で、実際に通常業務と併用して構築したシステムをご利用頂き、検証して頂きます。
不都合、また仕様に沿っていないところは、この期間中に洗い出し、対応を行います。

7.導入、納品

新システム運用開始

新システムのスムーズな導入と丁寧なアドバイス。
運用開始時には、弊社担当者が立ち会い、お客様の業務に混乱をきたさないようサポートを行います。

8.サポート

システム保守

お客様の疑問や不安にお応えするアフターフォローも万全です。
コストミニマム、ハイパフォーマンスでの運用保守を行います。

お問い合わせ

ページトップへ